野菜料理は煮る・サラダで食べるなどで違ってくる

美味しく食べるのが一番

以前ためしてがってんというテレビで野菜は蒸すとビタミンが2倍になるという内容を放送していました
確かに、野菜は他の食材と同じで、煮るや直接生で食べるで、栄養素が増す場合もあります
しかし、反対に失われる栄養素もあるので注意が必要です
では、一番おススメできる調理法とは何か?
それはやはり食べて美味しく感じる調理に決まっています
例えば、ほうれん草は煮ても蒸してもおひたしにしても美味しいのですが、やはり生で食べると、独特のえぐさがあります
反対に、玉ねぎは、どんな調理をしても美味しいのですが、栄養が簡単に失うこともあります
ただ、実は簡単に最適な調理法を選ぶことが可能なのです
それは、味で選ぶことです
どんなに美味しい素材でも、間違えた調理を行うと食べにくくなります
野菜は生き物です。また人間は、栄養があるものを美味しく感じる・・・本能というべき能力が備わっています
分かりやすく言うと、スーパーなどで、新鮮な野菜や魚を購入して家で食べたとき、やはり美味しく思えるでしょう
ところが、鮮度のかなり落ちているものを購入したらどうか?
まず、匂いがします
また、味も当然美味しくありません
これらを考えると、分かるのですが・・・野菜がもっとも美味しく食べれる方法=栄養素がもっとも高く食べれる方法と思っても間違いはないようです

 

根野菜の調理法

アボガドは栄養いっぱい

ピーマンの苦味を抑える調理法

姉妹サイトのご案内

当サイトが推薦する青汁などに特化したサイトです!

青汁便秘解消

青汁比較ランキング